Maenomeryスタッフ紹介 笠原 駿之介

Shunnosuke Kasahara 笠原 駿之介

【Maenomeryメンバー:笠原さんへインタビュー】

12月よりMaenomeryの仲間となってくれた
笠原さんへインタビューいたしました!

Maenomeryに入社したきっかけは?

自ら動き、積み上げを重ねて組織を動かせる環境があったから。

サッカーから離れ、明確な目標や今置かれている状況だけでなく、「どう生きたいか」を改めて考えた時、Maenomeryなら過去の経験や学びを存分に活かすことができる環境を自ら作り出せると素直に感じました。

自分自身が第一線から退いたからこそ伝えられるアスリートの魅力や価値。
そして、組織には自分自身のできることから貢献し、チャンスを自分次第でいかようにも掴み取れる環境がある点が自分を奮い立たせてくれました。

様々な縁もありましたが、組織とともに自らのバージョンアップを図るべくお世話になると決めました。

業務内容は何でしょうか?

前のめるきっかけを付与していく。

全般的に携わっていますが、主に法人営業をしながら中途の集客に関わらせてもらっています!

どのような状況下でも、会社の顔としての責任、プロフェッショナルとしての責任がついて回ると確信しています。
その中でどのようにして信頼を得るのか、何を引き出して何を提案していくのかは常に思考を巡らせることでヒントが見つかるのだと日々学んでいます。

できること、できないこと、すべきこと等整理して行動に移し、試行錯誤の繰り返しで自分自身のアップデートが図れると考えています。
今後も業務を通して前のめるきっかけを全ての人に付与していきます!

Maenomeryの魅力は?

共に想い、共に闘う仲間が揃う。

日々大変なことがある中でもお互いを想い、高め合い、組織としての成果と成長に繋げていく。
企業としての理念追及だけでなく、まさに一体・一丸となるところにとても魅力を感じました。

その中でできることで貢献し、かつ自らもチャレンジできる場があるところにも価値を感じ、また魅力としてあり、自分自身が常に意識している部分でもあります。

今後のビジョンはありますか?

社会人としての大きな成果がない私を迎え入れてくださった皆さんの思いを胸に全力で挑み続けます。
これまで自分の培ったことを活かし組織の結果にこだわるのは勿論のこと、新たな分野への貢献をしながら高め合える空間を作り続けていきたいです!
皆さん、よろしくお願いいたします!

メッセージ

~PROFILE~

1997年 埼玉県
早稲田大学本庄高等学院 サッカー部 #1
早稲田大学 ア式蹴球部 #1

競技実績:
2012年:高円宮杯第24回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 ベスト16
2016年:総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント ベスト8
2017年:関東大学サッカーリーグ2部 優勝
2018年:関東大学サッカーリーグ1部 優勝

大学卒業後、新卒で大手住宅メーカーに入社。
活動後、Maenomeryへ入社。

2022年01月06日

CONTACT

お問い合わせ

学生/一般の方のお問い合わせはこちら

お問い合わせ

企業の方のお問い合わせはこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

電話受付時間 / 9:30~18:00(日・祝日は除く)

2018 © Maenomery.