求職者内定インタビュー

Advisory Group 株式会社 千田 俊太朗 様

【Advisory Group 株式会社へ入社】千田俊太朗様へインタビュー

マエノメリで転職活動をしたきっかけ、理由を教えてください

自分も仕事に情熱を注ぎたいと感じたから

もともと広告代理店で働いていたのですが、とあるきっかけで取締役の山本さんとお会いしたのが始まりでした。
山本さんは同じ大学サッカー部の先輩でもあったのですが、当時はあまり接点もなく殆ど話をしたことがありませんでした。プロサッカー選手を引退したあとも何をしているのかなど全く知らない中たまたまお会いしました。

初めてしっかり話をしたのですが、サッカー選手を引退してからのことや、最近独立したとことを聞いて、「この人は人生めっちゃ楽しんでるなー」って思いました。(笑)
あとは考え方や言動含め、仕事に対する熱量が半端じゃないなって感じました。

その時に自分自身も「人生も仕事も全力で情熱を注ぎたい」「チャレンジしたい」と感じたのがきっかけです。


マエノメリで転職活動をしてどうでしたか?

本気で向き合ってくれる

一緒に真摯になって転職を考えて頂きました。
僕は自分でも気づかなかったのですが、物事を他責にする発言などがありました。
そういった今までの自分でも気づけなかった事を面談など通して発見して頂きました。

また自分の過去、現在をしっかりと理解してくれたうえで、さあ未来はどうしよう?
と一緒に考えてくれました。
そのあとも現在の転職市場の状態や、面接でのアドバイスなど細かい部分を含め相当時間を割いてくれたと思います。少人数だからこそできるとても手厚い対応をして頂きました。

今の会社に転職を決めた理由は?

圧倒的な成長をしたい

私が勤めることになったのは
外資系のハイクラスに特化した人材会社になります。
将来的にどこへいっても通用するビジネスマンが僕の目標なのですが

常に高いパフォーマンスを求められるこの環境は最高ですね。

自分より経験値が圧倒的に高いハイクラスの方々を相手に
対等にしなくてはならない難しさもありますが一番は言語の難しさですね。

外資系なのもあり、社内の公用語が英語なんですよね(笑)

ニュージーランドなど海外に住んでいた経験があるのですが、あまり英語がうまくなくて・・・・

英語を使って仕事をするのは僕の一つの夢だったのでとても幸せな環境にいると日々感じています。

今後のキャリアを考えたときに、20代半ばでハイクラスの方々と対等に仕事ができ英語も使える環境は圧倒的に自分を成長させてくれるなと僕は確信しました。

また、企業使命に共感したのも理由の1つです。アドバイザリーグループは特にワーキングマザーやシニア世代のお仕事探しのサポートに注力しています。これらの求職者様は年齢、性別、離職期間の長短といった人材選考における従来の基準によれば評価され難い方々です。私のキャリアパスも、スポーツから人材業界への転向と異色であり、通常であれば評価され難いと思います。この私の境遇と弊社の求職者様の境遇には共通するものがあり、是非仕事を通してサポートしていきたいと思いました。



今後のビジョンを教えてください

まずはトップセールスアドバイザーへ!

現段階ではまだまだ到底届かないのですが、やっぱり挑戦するからには1番を取りたいですね。

今は英語のハンデや経験などもちろんありますが、それは今まで自分が努力してこなかったツケだと思っています。ただ未来は自分の力で何とかできるので、地道に努力して早くトップになりたいです。
面接時にはCEOからは活躍に見合った成長と報酬は必ず保証するといわれました。
そこもひとつのモチベーションとなっています。

まだまだ理想の自分とはかけ離れていますが、今の仕事に情熱を注げている実感があります。この充実した環境を当たり前と思わず精進していきたいです。
そしてどこの世界でも活躍できるビジネスマンに近づけたらなと思います。

メッセージ

2019年09月11日

CONTACT

お問い合わせ

学生/一般の方のお問い合わせはこちら

お問い合わせ

企業の方のお問い合わせはこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

電話受付時間 / 9:30~18:00(日・祝日は除く)

2018 © Maenomery.